共生社会を創るためプロの日本語教師が必要だ

坂中提案

日本人と移民の共生社会を創るためにも、移民に対する日本語教育に力を入れなければならない。日本語ができる外国人となら、概して日本人はすぐ打ち解け、親しくなるからだ。日本語をマスターした外国人は、日本文化の精髄や日本人の行動美学をある程度理解できるようになり、日本の知識人と深い付き合いができるはずだ。

日本に来る移民に多方面で活躍してもらうためにも日本語教育を徹底すべきだ。移民が日本の土地になじんで幸せに暮らすためにも、会話だけではなく一定の読み書き能力が必要である。

経済連携協定による看護師、介護福祉士の受け入れでも成功の鍵は日本語能力である。農業、工業など就労分野が変っても日本語の重要性は変わらない。

日本語教育はボランティア任せではいけない。外国人に速く正確に教える専門性が求められる。国語教育の延長では太刀打ちできない。それはプロの日本語教師の仕事である。

遠からず大量移民の時代とともに日本語教育の時代が来る。目の前に迫っている需要に即こたえられる日本語教師の養成が急務だ。

« »