元官僚の坂中英徳はなぜ革命家になったのか

坂中提案

2012年10月21日の『ジャパンタイムズ』に「移民が日本を救う」という見出しの記事が載った。結びは「革命家とは、いつか自分たちの時代がくるという強い信念を持って生きていく人たちなのだろう」である。

この記事を書いたマイケル・ホフマン氏は、在日歴30年余の知日家である。私のふたつの著書:『日本型移民国家への道』と『人口崩壊と移民革命』を読んだうえで、私のことを「革命家」と名づけ、その移民国家ビジョンを内外に紹介した。

〈革命家の顔:元法務官僚、元東京入国管理局長の坂中英徳は、日本が崩壊寸前であることを危惧し、「2050年までに1000万人の移民を受け入れなければならない」と述べる。〉

これが日本を代表する英字紙に掲載されると、日本発の移民革命思想は世界の知識人に衝撃を与えたようだ。ジャパンタイムズによると、世界の読者から大きな反響があったということである。

「反骨の官僚」の異名をもつ坂中英徳が、なぜ革命家と呼ばれるような危険人物になったのか。

それはまったく偶然のなせる業である。たまたま外国人行政に身を投じ、移民政策の立案をライフワークとした日本人が、人口崩壊の「時代」とめぐり合ったのだ。移民政策のエキスパートの道を歩んだのは、1975年に革命的な政策論文(坂中論文)を書いたからだ。それをきっかけに移民政策の勉強に励んだ結果、いつのまにか移民政策の第一人者になり、世界から日本の「ミスターイミグレーション」と認められるようになったということである。

« »