元国家公務員が革命家になった

坂中提案

どうして元国家公務員の私が、世界の知識人が驚く「移民革命」を先導する立場になったのか。

人口危機の「時代」が移民政策の専門家を緊急に必要とし、日本国の危急存亡の秋に移民政策の立案をライフワークとする日本人が立ち上がったからである。

言い換えれば、千年以上移民鎖国が続く国に突然変異のごとく現れた移民革命家が移民国家の樹立という千年に一度の仕事にめぐりあったのだ。要するに、日本大革命の時代と出会って今の「坂中英徳」があるということだ。

ひとりの自由人が背負う責任としてこれ以上に重いものはないと心に刻んでいる。奇跡のような天職に恵まれた人生に感謝し、自国の利益よりも世界全体の利益を重んじる人類共同体思想を世界の人々に広めるため身命をなげうつ。

世界の移民政策を変える新たな夢に挑戦中に革命家人生の幕を閉じることができれば幸いである。

« »