体系的で新鮮な移民政策理論の完成を見た

坂中提案

 世界の移民政策の専門家と外国人ジヤーナリストは坂中の移民政策論を高く評価している。なぜか。その背景に世界の知識人の間に日本の移民開国待望論があることが挙げられる。そのような中で日本人が体系的で新鮮な移民国家構想を打ち立てたことに世界の知識人は驚いたのである。

 例を挙げると、世界の移民政策学の思想的リーダーが、「移民に関する世界有識者会議」(2010年11月)に私が提出した論文(坂中英徳の「日本型移民国家宣言」)を読み、「あなたの論文は、私がこれまで読んだ移民政策分野のどの論文よりも新鮮で創造力の豊かなものです」とコメントした。

 私は人口崩壊の迫る日本を大胆な移民政策で救わなければならないという切迫感から日本独自の移民政策理論を構築した。実務家が中心の欧米の移民先進国の専門家とは発想もスケールもレベルも違う。切実さも真剣さも違う。それゆえ世界の最先端をゆく移民政策理論の完成を見たのだろう。

 目新し日本型移民政策を提唱しているだけではない。日本国民が人口減少時代を生き抜くための指針となる国家ビジョンを示した。時間をかけて国の形を多民族共生国家に変えていく国家百年の計である。移民革命思想と称されるゆえんである。

 日本が移民国家を創建した暁には、日本の移民国家理念と移民法制はアジア各国のモデルになるだろう。日本の移民革命思想は移民先進国にも影響が及ぶであろう。

« »