人類社会に純粋民族は存在しない

坂中提案

世界の多士済々が永住を希望する国に生まれ変わらなければ日本の明日はない。人口減少期に入った日本は、先祖代々の日本人だけで国家・社会・経済を運営する時代は終わった。

移民反対派の人たちは、移民が入ってくると、日本民族と日本文化の純粋性が損なわれると口をそろえて言うが、日本民族も日本文化も純粋培養されたものではなく、ほかの要素がまじりあって形成されたものであることを理解していない。

日本の文化が外国人観光客をひきつけるのは、日本文化が世界各国の文化の精髄を取り入れた雑種文化の典型だからである。言語、料理、宗教、社会規範などの日本文化は、世界のどの民族も理解可能な普遍的なものである。仮に全然まじりけのない純粋文化だったとしたら、外国人観光客はそんな日本文化に共感を覚えないだろう。

およそ人類社会においてほかの民族の血がまったく混じっていない純血民族など存在しない。人類の先祖に最も近いとされる黒人の中にもいない。人類史は移動と定住の歴史であり、いっぽうで人類は異なる民族間の結婚と混血を繰り返し、様々な文化を背負った多様な民族と国民に分かれた。

今日、地球上に存在する民族のすべては移民の末裔であり雑種民族である。日本では1000年以上移民鎖国体制が続いたので日本人は純血度の高い民族だが、それでも太古の昔から世界各地から移住してきた民族の血がまじりあって形成された雑種民族であることに変わりない。

1000年後の人類社会を展望すると、地球上から地理的・国家的・文化的障壁は完全になくなくなり、異民族間の結婚と混血が世界的規模で爆発的に増えた結果、人類の大半が人種的に単一のものになっているだろう。すなわちそれは単一の種から進化した人類の先祖返りであり、究極の雑種民族といえる地球人の誕生である。

« »