1. TOP
  2. 政策提言
  3. 人類共同体論序説

人類共同体論序説

人類は多様な人種と民族と国民に分かれているが、そのおおもとは一つである。人類は生物分類学上ホモ・サピエンスという一つの種に属し、根の部分の文化と価値観は共通するところが大部分だ。人種や民族が異なっても、人類はヒトとしてのアイデンティティを持ち、相互にコミュニケーションし、相互に共感し、相互に理解できる存在である。たとえば、「何が正義で何が悪か」「何がうまいか何がまずいか」――これらの価値観や感覚も全人類に共通する正義感であり味覚である。

私は、よろずの神々と共生し平和に暮らした縄文人の子孫のひとりとして、「生物としての人類は一つ。人種や民族の違いはあっても同じ人間。文化や価値観の違いはあってもわずか」という普遍的な人類像に基づき、全人類が和の心で一つにまとまる人類共同体社会の創成を移民国家の究極の目標にかかげる。

それは高邁な理想論なのかもしれないが、むろん私は真剣である。生物学的には同類である人類の本質に照らすと、平和の遺伝子を有している日本人が人類共同体の創造を国家目標に掲げても、これは決して荒唐無稽な話ではない。100年単位の時間がかかっても、人類は一つという人類の真相を直感的にとらえた縄文人の血を引く民族が心を一つにして取り組めば実現の可能性は十分あると私は考えている。