1. TOP
  2. 政策提言
  3. 人類共同体社会とは

人類共同体社会とは

  私は、前例のない人口危機を、日本が人類共同体社会に飛躍する千載一遇の好機と認識する。賢明な日本民族が、移民の力を借りて人口秩序の崩壊危機を乗り切るとともに、日本民族その他すべての民族がうちとけて一つになる「多民族共生社会」の創建に挑む。日本列島の津々浦々に様々な民族が居住する社会を創り、もって世界の青少年が日本永住を夢見るユートピア社会の実現につとめる。

 「人類共同体社会」とは、「それぞれの民族が存在感を持ち、しかも日本国民としての一体感をいだく社会」と定義する。日本人のほか、モンゴル系日本人、アフリカ系日本人、ヨーロッパ系日本人、アラブ系日本人、アメリカ系日本人など様々な系統の民族出身者が日本国民として一つにまとまる社会だ。移民時代の多民族社会においては、異なる文化を背負って生きる「新しいタイプの日本国民」の存在が不可欠と考えている。

  諸民族が団結して一つの国民になるためには、「人類は一つ。人種・民族・宗教が異なっても同じ人間」という文化人類学の常識を共有することが必須条件だ。

  そのとき縄文時代から日本各地に定住する日本人の血をひく人々に求められるのは、日本人としての民族的アイデンティティを持ち、かつ異なる民族を対等の存在と認めることである。日本人の根本精神を堅持するとともに、少数民族の固有文化を尊重しなければならない。

  以上に述べた「民族の心と寛容の心を兼ね備えた人」が、私が考える「理想の日本人」である。

  世界の諸民族が日本に永住したいと思う国は、日本人が日本人としての誇りを持ち、移民が移民としての誇りを持つ社会だ。誇り高い日本人と誇り高い移民の双方が、互いの生き方を尊重し、共に生きる社会が、私が思い描く人類共同体社会である。