人類共同体思想は人類の知的共有財産

坂中提案

人類共同体思想はすなわち世界平和哲学である。これは日本人が未来の人類社会に残す知的共有財産だ。

今日の日本は人口崩壊という国家崩壊の危機に直面している。国民の消滅につながる一大危機だ。今の日本に必要なのは国の形と国民の生き方を根底から改める革命だ。国民は千年に一回の革命を行う覚悟を決める。移民革命を速やかに実行に移さなければ社会・経済・財政の崩壊は時間の問題だ。

人口崩壊の問題との闘いは百年を超える長期戦を覚悟する必要がある。それは日本人の内なる敵との闘いでもある。国民は自らの島国根性を克服し、移民を人類同胞として正当に処遇する「地球市民」へ転身しなければならない。

究極の目標は、日本人が主導して人類共同体思想を世界の普遍的理念にまで高めること、それを世界的規模で展開することである。それは言葉の真の意味での世界平和革命だ。

だが、高遠な理想を掲げる坂中英徳に新しい世界秩序を創る意志と実行力がなければ、それは見果てぬ夢で終わる。日本人ができもしない空想を語ったと世界の物笑いの種になる。ならば世界平和革命の口火を切った移民政策研究所長に何ができるのだろうか。

世界のことを心配する前に、真っ先にやるべきことは、日本を理想の移民国家に導くことだ。その際、書斎にこもってあれこれ考えを巡らせているだけの行動力に欠ける私にできることは、警世の文章を書き続け、ペンを武器に国民と政治家と世界を動かすことだ。

さいわい、ワシントン・ポスト紙、英国エコノミスト誌など世界の代表的メディアが、日本人の和の精神が詰まった坂中移民国家構想を評価し、坂中英徳はミスターイミグレーションの名で世界に知られている。機は熟そうとしている。日本が移民国家に変われば、世界の移民政策も変わるはずだ。

世界平和の実現については微力な私の手に負えるものではないが、命が有る限り人類共同体の灯をともし続ける。22世紀の新世界秩序の形成を目標に、人種・民族・宗教・国籍の異なる人々が結束して立ち上がり、100年以内に人類の夢を実現てほしい。

« »