人類共同体思想の神髄

坂中提案

日本の移民政策の根本理念である人類共同体思想はどこから生まれたのだろうか。日本型移民政策の神髄に迫る。

世界の移民政策の専門家は人類の多様性を強調し、多文化共生を目標にかかげる。それに対して私は人類の同一性を強調し、人種・民族・宗教のちがいをこえて人類が一つになる地球共同体の理念をうたう。

坂中移民国家ビジョンは、人類共同体国家の創設、地球規模での人類共同体社会の創成、恒久的世界平和体制の構築の三本柱からなる。これは二二世紀の新しい世界秩序の形成を視野に入れた未来構想である。

それは、日本人の持つアニミズム的世界観から生まれた発想である。1万5000年も太平の世が続いた縄文時代(狩猟採集を生業とする新石器時代)に起源を有し、現代の日本人の心にも深く刻まれている「万物に神が宿ると考える共生のこころ」のたまものである。またそれは、自然に畏敬の念を抱き、人の和を重視する日本古来の国柄にそうものである。

人類は多様な人種と民族と国民に分かれているが、そのおおもとは一つである。人類は生物分類学上ホモ・サピエンスという一つの種に属し、根の部分の文化と価値観は共通するところが大部分である。人種や民族が異なっても、人類はヒトとしてのアイデンティティを持ち、相互にコミュニケーションし、相互に共感し、相互に理解できる存在である。

私は八百万の神々と共生し平和に暮らした縄文人の思考を受け継ぎ、「人類は一つ。人種や民族の違いはあっても同じ人間。文化や価値観の違いはあってもわずか」という普遍的な人類像に基づき、1000年後の全人類が平和共存する人類共同体社会の実現を目標にかかげる。

それは高邁な理想論なのかもしれないが、人類の根本精神に合致するものであり、もちろん私はやる気満々である。生物学的には同類である人類の本質に照らすと、日本人が人類共同体の創造を国家目標に定めても、それは決して夢物語ではない。気の遠くなるような時間はかかっても、和の心が豊かな縄文人の末裔たちが総力を挙げて取り組めば、世界の人々の共感を呼び、実現の可能性が出てくると考えている。

 

« »