1. TOP
  2. 政策提言
  3. 人類共同体思想の神髄に迫る

人類共同体思想の神髄に迫る

    
 日本の移民国家ビジョンの根本理念である人類共同体思想はどこから生まれたのだろうか。生物学および文化人類学の立場から日本オリジナルの移民政策理論の神髄に迫る。

 世界の移民政策の専門家は人類の多様性を強調し、多文化共生を目標にかかげる。それにたいして私は、生物の種としての人類の同一性を強調し、人種・民族・宗教の違いをこえて人類が一つになる人類共同体の理念をうたう。

 私の立てた移民国家ビジョンは、(1) 日本列島における人類共同体社会の形成、(2) 地球規模での人類共同体社会の創成、(3) 恒久的世界平和体制の確立の三本柱からなる。

 諸国民間の相互関係が深まる22世紀の新世界秩序の創成と、移民パワーが最盛期を迎える近未来の地球市民時代を視野に入れた雄大無比の移民国家構想である。