1. TOP
  2. 政策提言
  3. 人類共同体思想の真髄に迫る

人類共同体思想の真髄に迫る

日本の移民政策の根本理念である人類共同体思想はどこから生まれたのか。日本型移民政策の真髄に迫る。

世界の移民政策の専門家は人類の多様性を強調し、多文化共生を目標にかかげる。それに対して私は、人類の同一性を強調し、人種・民族・宗教のちがいをこえて人類が一つになる人類共同体の理念をうたう。

日本の移民国家ビジョンは、人類共同体国家の創設、地球規模の人類共同体社会の創成、恒久的世界平和体制の構築の三本柱からなる。22世紀の新世界秩序の形成を視野に入れた壮大無比の未来構想である。

坂中移民政策論の原点には古来より日本人の心に備わっている「平和の心」がある。それは日本人のアニミズム的自然観から生まれたものである。1万5000年も太平の世が続いたとされる縄文時代(狩猟採集をなりわいとする新石器時代)に起源を有し、現代の日本人の心に鎮座する「天地万物は一体と考える生命共同体思想」が、坂中ビジョンの根底にある。縄文人とその末裔たちは地球上のすべての生命体は一つの物質から生まれた同類という自然の摂理を直感していたと思われる。それは、生物学、化学、物理学など現代の自然科学が到達した自然認識とも一致する。

またそれは、自然に畏敬の念を抱き、人の和を重んじる日本人の根本規範の伝統を受け継ぐものである。

加えて、日本人の心の中には文明社会では極めてユニークな自然観、つまり自然界に存在する万物を崇拝するアニミズム(精霊信仰)の世界が広がっている。動植物の仏心を描いた江戸時代の画家・伊藤若冲の絵をこよなく愛する民族である。「生類憐みの令」(1687年)を発布したユニークな政治家(徳川綱吉)を生んだ国である。「閉さや岩にしみ入る蝉の声」(松尾芭蕉の俳句)の情景を心地よいと感じるのが日本人である。

人類は多様な人種と民族と国民に分かれているが、そのおおもとは一つだ。人類は生物分類学上ホモ・サピエンスという一つの種に属し、根の部分の文化と価値観は共通するところが大部分だ。人種や民族が異なっても、人類はヒトとしてのアイデンティティを持ち、相互にコミュニケーションし、相互に共感し、相互に理解できる存在である。「何が正義で何が悪か」「何がうまいか何がまずいか」――これらのことも人類に共通する価値観・感覚である。

私は、やおよろずの神々と共生し平和に暮らした縄文人の子孫のひとりとして、「人類は一つ。人種や民族の違いはあっても同じ人間。文化や価値観の違いはあってもわずか」という普遍的な人類像に基づき、全人類が和の心で一つにまとまる人類共同体社会の実現を究極の目標にかかげる。

それは高邁な理想論なのかもしれないが、むろん、私は本気である。生物学的には同類である人類の本質に照らすと、和の心のつまった日本人が人類共同体の創造を国家目標に掲げても、それは決して夢物語ではない。100年単位の時間がかかっても、平等の心と平和の心がある縄文人の末裔たちが総力を挙げて取り組めば実現の可能性は十分あると考えている。