1. TOP
  2. 政策提言
  3. 人類共同体思想と排外主義思想

人類共同体思想と排外主義思想

2014年4月、南カリフォルニア大学日本宗教・文化研究センター主催の「日本の移民政策に関するシンポジュウム」における基調講演において日本の移民政策のエキスパートのいだく夢と抱負を語った。

「日本の移民政策は、人口危機に瀕した日本を再生させる国家政策にとどまらない。地球上の諸民族が和の心で平和共存する世界を希求する世界政策でもある。日本の移民革命思想は、日本のみならず世界各国に根本的変革を迫り、すべての民族の共存共栄と世界平和に貢献し、国境を越えて人類の一体化が進むグローバル時代に生きる地球市民への最高の贈物になるだろう」

それはまだユートピア物語の段階にある。だが、世界の時代精神が混迷の度を深める今日、世界平和哲学と一体不可分の関係にある人類共同体思想を発表したのはタイムリーであった。西洋人には白人優越主義とキリスト教という一神教の宗教心が精神の根本にある。それが、現代の西欧諸国で露わになった移民に対する偏見と差別を生む根源である。

コロナウイルスが国境を越えて蔓延し、欧米社会を中心に世界中に広がる人種差別、移民排除、排外主義の世論を鎮静化させることが喫緊の世界的課題になった。フランス革命とアメリカの独立宣言以後、世界文明を主導してきた西洋文明の限界が露呈する中、それに代わるものとして、日本人の和の心の所産というべき人類共同体ビジョンが新しい世界文明の精神の根幹部分を担う必要があると、私は大それた野心を抱いている。

その場合、人類間の人種・民族・宗教に優劣はないと考える日本人の打ち立てた移民政策理論に普遍性と正義があるから、日本の人類共同体思想が欧米の排外主義思想を圧倒するのは論をまたない。