1. TOP
  2. 政策提言
  3. 人類共同体思想が世界の人道危機を救う

人類共同体思想が世界の人道危機を救う

新しい世界秩序の創造をめざす稀代の革命家は、島国根性の持ち主が主流の日本社会から世界に飛び出し、人類社会の未来を切り開く夢を追い求めている。今日の文明国において支配的なイデオロギーになりつつある自国の利益第一主義に代わる理念として、人類社会全体の利益を最優先する人類共同体社会のアイディアを世界の知識人に提案している。人類共同体ドクトリンは22世紀の移民全盛時代に生きる地球市民の知的共有財産に発展するであろう。

究極の目標は、日本人が主導して人類共同体思想を世界の普遍的理念にまで高めること、および世界の人々を永遠の世界平和に導くことである。これは言葉の真の意味での世界平和哲学だ。

しかし、世界に類のない世界平和思想を語る日本人に、それを実現するための強い意志と実行力がないと、それは絵に描いた餅で終わる。日本人が極楽浄土の世界を空想していると世界中の物笑いの種になる。そのことは重々承知している。だが、日本の移民政策の立案をライフワークとする日本人にいったい何ができるというのか。

世界平和を祈念することも大事だが、その前に私が第一にやるべきことがある。日本人の恒久平和を願う心のこもった移民国家へ日本を導くことだ。その場合、書斎にひきこもって脳みそを絞っているだけで実行力に欠ける私にできることは警世の文章を死に物狂いで書き続け、ペンの力で日本人の良心と世界の知性を動かすことだ。

さいわい、ワシントン・ポスト紙、エコノミスト誌など世界の有力メディアが、日本人の魂が宿る移民国家ビジョンに賛意を表明した。今まさに機が熟そうとしている。日本が移民国家の新しい顔として世界の移民政策に新鮮な空気を吹き込めば、それは世界の移民政策のあり方を根本的に変える転機となるはずだ。そこまでは私の責任で実現できるかもしれない。

しかし、恒久的世界平和体制を確立する仕事は極東の島国に本拠を置く移民政策研究所の所長の手に負えない。私にできることは、命が尽きる日まで人類共同体の灯火をともし続けることだ。 世界各国で移民を出自とする地球市民が一大勢力に発達する22世紀の前半、地球規模での人類共同体社会の創成を目標にかかげ、人種・民族・宗教・国籍の異なる人々が世界各地で一斉に立ち上がる可能性にかける。私は言霊と思想の持つ永遠のパワーを信じる性質である。

人類史的な課題に挑戦する移民政策研究所長は、人類共同体世界を創る夢を追いかけている最中に人生の幕を閉じる運命にある。全人類の生き残りをかけて、世界の人々が一丸となって取り組まなければならない大業が緒に就いたばかりで頓挫しても、人類社会の未来に思いをいたし、地球的視野から問題を提起し、そして力が尽きた生涯を誇りに思う。