1. TOP
  2. 政策提言
  3. 人類共同体哲学が世界を席巻する日

人類共同体哲学が世界を席巻する日

 感度の鈍い日本の知的世界おいて人類共同体構想はいつもの例に漏れず言葉のはしにものぼらない。人類の未来を展望する坂中移民政策論は日本が当面する直近の問題にしか頭が及ばない日本の学者やジャーナリストの想定外の代物なのだろ。他方、世界の知的世界おいては「世界規模での人類共同体社会の創造」――つまり「人種・民族・宗教の違いを乗り越えて人類が一つになる地球共同体社会の樹立」を提唱する坂中ドクトリンに共鳴する知識人が増加する兆しが見られる。私は人類共同体ビジョンの前途に希望を抱いている。

 国家公務員生活を終えた2005年4月。私は白豪主義に象徴される白人至上主義の考えが根強く残る欧米の移民政策の轍を踏んではならぬと誓った。そして西洋とは異なる日本独自の移民政策理論の構築を目ざした。以後、日本人の感性に訴える論文をひたすら書いてきた。そして2020年に入り、人類共同体社会の創造という日本人の夢が詰まった移民国家ビジョンを世界の識者に紹介する地点に達した。
  
「Japan as an Immigration Nation:Demographic Change, Economic Necessity, and the Human Community Concept」(LEXINGTON BOOKS 2020)の発刊である。
 
 この本の眼目のセオリーは副題の「the Human Community Concept」(人類共同体の概念)である。反移民の声の異常な高まりが見られる欧米社会が、人類共同体社会の創造という新機軸を打ち立てた坂中ビジョンにどのような反応を示すのか興味津々である。