人類共同体世界を創る夢を追い求めるロマンチスト

坂中提案

日本の崩壊につながる人口危機に沈黙を決め込む日本人が大勢の平成の時代にひとり私は「人口危機に移民立国で立ち向かうべきだ」と国民に呼びかけている。そこまで言い切った私は「一人で天下を動かす気概と智恵」が求められるのだろう。

移民政策研究一本の道を歩んだことが取り柄の私が新しい国づくりを成功に導くことができるのだろうか。時々不安にさいなまれることがある。日本の未来を決定する責任の重さに耐えかね、何もかもほうり出したい気持ちになることがある。

しかし、移民革命をやり遂げなければ日本の終焉が待っていることを分かっていながら、道の途上で責任を放棄するのは亡国の徒だ。万難を排し、理想国家の建国に向かって邁進する。究極の目的は、日本人が世界の先頭を切って多民族共同体社会を建設することだ。

私は「大きな夢を描けば大きな花が咲く」という言葉が好きだ。根はリアリストだが、ロマンチストの血も持ち合わせている。100年後の世界の人びとから「100年前の日本に人類共同体世界を創る夢を語った日本人がいた」といわれる時代を空想している。

« »