人類共同体ドクトリンは人類の知的共有財産

坂中提案

移民立国に命をかける稀代の革命家は、日本の国の枠を超えて世界に飛び出し、人類の未来を切り開く夢を追い求めている。今日の世界で支配的になりつつある自国の利益第一主義に代わる理念として、世界全体の利益を優先する人類共同体のアイディアを世界の人々に提案している。人類共同体ドクトリンは22世紀に生きる人類の知的共有財産である。

究極の目標は、日本人が主導して人類共同体思想を世界の普遍的理念にまで高めること、そして世界の人々を永遠の世界平和に導くことである。それは言葉の真の意味における世界平和哲学だ。

だが、世界に類のない崇高な理想を語る日本人に新しい世界秩序を創る志がなければ、それは絵に描いた餅で終わる。日本人ができもしない「夢物語」を語ったと世界の物笑いになる。では、極東の小さな国から声を上げる無力の移民政策研究所長にいったい何ができるのか。

世界のことを心配する前に私が真っ先にやるべきことは、世界のモデルとなる移民国家へ日本を導くことだ。その際、書斎にこもってあれこれ考えを巡らせているだけで実行力に欠ける私にできることは、警世の文章を死に物狂いで書き続け、ペンの力で国民と世界の知識人の心を動かすことだ。

さいわい、ワシントン・ポスト紙、エコノミスト誌など世界を代表するメディアが、日本人の和の心が反映された移民国家構想を評価している。いま機は熟そうとしている。日本が理想的移民国家として世界の舞台に躍り出れば、世界の移民政策も変わるはずだ。

もとより永遠の世界平和を実現することは微力な私の手に負えるものではないが、天命が尽きる日まで人類共同体の灯りをともし続ける。22世紀の新世界秩序の創造を目標に掲げ、人種・民族・宗教・国籍の異なる人々が一斉に立ち上がり、人類の究極の目標に向かって第一歩を踏み出してほしいと願う。

人類のみならず地球上の全ての生き物の生死がかかる課題に挑む日本のドンキホーテは、遅かれ早かれ身のほどを知らない夢を語り続けることの限界を悟り、あきらめの境地に達するであろう。たとえそうなっても、人類史を画する問題に挑戦し、力尽き挫折した人生を誇りに思う。

« »