人類共同体の実現を夢見る日本人

坂中提案

日本の崩壊につながりかねない人口危機に沈黙を決め込む日本人が大勢の平成の時代にひとり、「人口危機に移民革命で立ち向かうべし」と公言している。そこまで言い切った私には「一人で天下を動かす気概と智恵」が求められるのだろう。

しかし、移民革命思想に殉ずる覚悟はあるが、革命を行う能力も器量もないことは自分がいちばん知っている。自分の能力の千倍の能力が必要な大業に挑んでいることは百も承知している。

私のような移民政策一本の視野の狭い人間が移民革命を成功に導くことができるのだろうか。不安にさいなまれることもある。日本の未来を決定する責任の重さに耐えかね、何もかもほうり出したい気持ちになることもある。

しかし、移民革命をやらなければ日本の崩壊が視界に入ったこの期に及んで、そんなわたくしごとにかまってはいられない。理想に向かって突き進むドンキホーテの生き方を貫くのみである。究極の目的は、人類の理想郷である「人類共同体社会」を日本に創建することである。」

私は「大きな夢を描けば大きな花が咲く」という言葉が好きだ。100年後の世界の人びとから「100年前の日本に地球共同体の夢を語った日本人がいた」といわれる時代を夢見て、無謀な試みと人から笑われようとも、夢を追い求める。

« »