1. TOP
  2. 政策提言
  3. 人類は人種的に一つになる未来へ向かっているのか

人類は人種的に一つになる未来へ向かっているのか

私の手元に『二十世紀の意味―偉大なる転換―』(K・ボールディング著、清水幾太郎訳、岩波新書、1967年)がある。1960年代の学生時代、繰り返し読んだ本である。赤線や青線がいっぱい入っている。

特に、次の部分は赤線と青線を重ねてひいている。青春時代の私はこのくだりから大きな影響を受けたに違いない。

 「人類の諸人種は互いに十分な性的魅力があるため、遺伝的混合に特別の地理的あるいは文化的障碍がない限り、数千年の間に人類が人種的に単一のものになる可能性が非常に大きく、諸人種間に現存する相違の多くは、除かれることになるであろう」

入管時代にもこの箇所を何回も読み返した。やがて出入国管理行政と国際結婚の関係について深く考えるようになった。また、在日韓国・朝鮮人と日本人の婚姻件数の動向を注視するようになった。

人類という種社会で互いが異なる人種の性的魅力にひかれて混血を重ねてゆく未来像。その結果、人類の多様性が次第に失われてゆく未来像。そして1000年後の地球社会に人種・民族・国籍の垣根がなくなって世界市民が誕生する。

私はボールディングの名著に触発され、20代の頃そんな空想にふけっていた。それから55年後の今日、日本の移民政策研究所の所長として人類共同体思想を世界の人々に向けて熱心に発信している。

ボールディングが予言するように、現代の人類は人種的に一つになる方向に向かって進んでいるのだろうか。

今日の世界の若者の人生観や生き方から認められる事実は、国境をまたいで年間億単位の人が外国に移住する「大量国際人口移動」の時代に入り、異なる人種間・民族間の結婚が爆発的に増えているということである。日本の若者もその例外ではない。国際結婚の数では世界の先頭グループを走っているのではないかと推測される。

日本が移民政策を成功に導くための有効な策の一つとして、日本人と移民の婚姻関係を積み重ねていくこと、そして両者の血縁関係を深めていくことを提案したい。

日本の近現代史におけるその成功例を紹介する。大きな論争を巻き起こした「坂中論文」(1977年発行)において私は、在日韓国・朝鮮人と日本人の関係改善のメルクマールとしての婚姻関係の推移と、それと相関関係にある混血者(子)の人口動向に注目した。およそ結婚は、個人の自由意思に基づき互いに好意を寄せ合う人が結ばれるものである。在日コリアンと日本人の結婚の増加は両者の関係が緊密になったことの何よりのあかしであり、結婚から誕生した子(混血者)は両者の和解の象徴であると私は理解した。
 
そして、1977年の坂中論文の「在日朝鮮人の処遇」の項で、在日コリアンと日本人の結婚の増加と両者の子供の将来動向について、次のように述べた。

 「在日朝鮮人は血縁的にも日本人との関係を深めてきており、このままの趨勢が続けば、数世代を経なうちに在日朝鮮人の大半が日本人との血縁関係を有する者になることが予想される」

坂中論文以降の婚姻の動向を見ると、今日では90%を超える在日コリアンが日本人と結婚している。

在日韓国・朝鮮人と日本人の親密化の歴史――当初は厳しい対立関係にあったこの二つの民族が、婚姻関係の広がりを通して関係を改善させていった歩みは、来るべき大量移民時代における多民族共生モデルとして語り継がれることになろう。

以上のように社会の少数者と多数者の間の婚姻・血縁関係が急激に進展し、いわゆる少数民族問題が比較的短期間に平和的に解決されたという事例は、世界のマイノリティの歴史にもほとんど例を見ないのではないか。