1. TOP
  2. 政策提言
  3. 人類は人種的に一つになる未来へ向かっているのか

人類は人種的に一つになる未来へ向かっているのか

 私の手元に『二十世紀の意味―偉大なる転換―』(K・ボールディング著、清水幾太郎訳、岩波新書、一九六七年)がある。一九六〇年代の学生時代、繰り返し読んだ本である。赤線や青線がいっぱい入っている。

 特に、次の部分は赤線と青線を重ねてひいている。当時の私はこのくだりから大きな影響を受けたに違いない。

 「人類の諸人種は互いに十分な性的魅力があるため、遺伝的混合に特別の地理的あるい は文化的障碍がない限り、数千年の間に人類が人種的に単一のものになる可能性が非常 に大きく、諸人種間に現存する相違の多くは、除かれることになるであろう」

 入管時代にもこの部分を何回も読み返した。また、出入国管理行政と国際結婚の関係について深く考えるようになった。さらに、在日韓国・朝鮮人と日本人の婚姻件数の動向を注視するようになった。

 人類という種社会で互いが異なる人種の性的魅力にひかれて混血を重ねてゆく未来像。その結果、人類の多様性が次第に失われてゆく未来像。そして一〇〇〇年後の地球社会に人種・民族・国籍の垣根がなくなって世界市民が誕生する。

 私はボールディングの名著に触発され、二〇代の頃そんな空想にふけっていた。それから半世紀後の今日、日本の移民政策研究所の所長として人類共同体思想を世界の人々に向けて熱心に発信している。

 ボールディングが予言するように、現代の人類は人種的に一つになる方向に向かって進んでいるのだろうか。

 今日の世界の若者の人生観や生き方から認められる事実は、国境をまたいで年間1000万人単位の人が外国に移住する「大量国際人口移動」の時代に入り、異なる人種間・民族間の結婚が爆発的に増えているということである。日本の若者もその例外ではない。国際結婚の数では世界の先頭グループを走っていると推測される。