1. TOP
  2. 政策提言
  3. 人類は人種・民族・宗教の相違を乗り越えられるのか

人類は人種・民族・宗教の相違を乗り越えられるのか

人類は民族や宗教の相違を克服し、恒久的平和体制を築くのだろうか。もしくは、民族や宗教の覇権を争って核戦争を繰り返し、地球上から姿を消す運命なのだろうか。

悠久の人類史をたどれば、異なる民族間の戦争の歴史であったことは明らかだ。産業文明が成熟期を迎えた21世紀も、核保有国が増える一方で、民族と宗教の問題に原因する戦争やテロが絶えない。今日の世界は、イランと北朝鮮の核開発問題や、米国トランプ政権の戦術核兵器の開発と宇宙軍創設の動きなどに見られるように核戦争がいつ勃発してもおかしくない、人類存亡の危機にあると、私は世界の現状を深く憂える。

万一、宇宙空間も巻き込んだ地球規模での核戦争が勃発すれば、罪深い人類が滅亡するだけではすまない。極悪非道の人間の犯罪行為の巻き添えを食って地球上の生きとし生きるものすべてが姿を消す。

そのいっぽうで平和を希求する心が人類のDNAに刻まれていることも事実である。私は、生物の世界の長を自認する人類が、人間のエゴイズムで地球上の全ての生物を皆殺しにすることは断じて許されないと、人類の良心に訴える。私たち人類は、生物社会の一員として、人類以外の生物の永遠の命にも思いをいたすべきである。

万物の霊長の叡智で盤石の世界平和体制をつくる夢を22世紀中に実現してほしいと切に願う。人類共同体社会すなわち生物共同体社会の創造を提唱する私は、人間の狂気で人類を含む動植物を全滅させてはならないと深く考える地球市民の良識(コモンセンス)にいちずの希望を託す。

地球上で戦争が絶えない根本原因は、知恵がまわる人類の性というべき民族精神と宗教心が排他的な性格を帯びるものに変質し、各民族が文化と宗教における首座を争って戦争を繰り返すことにある。全人類が、民族と文化と宗教の多様性を尊重し、かつ、それらの相互関係を「人類は一つ」の普遍的理念と人類共同体哲学の下で共存共栄するレベルにまで人間の道義心を高めない限り、戦争のない世界は永久に実現しないと、私は世界の知性に訴えている。

これほどまで核拡散が進むと、もはや何を言ってもむなしい努力なのかもしれないと諦めの境地に傾くときがある。米国、ロシア、中国の核兵器開発競争は宇宙空間にまで広がり、もはや人間の知性と良心の力をもってしてはコントロールできない段階にまで達したのではないか。愚かなる人類は、核という文明の凶器を使って人間同士が殺し合う、自滅への道を歩み始めたのではないか。そのような恐怖の念に襲われる時がよくある。

そんな悪夢から目が覚めたとき、理想主義者の一面がある私は、日本人が中心となって究極の世界平和に挑戦する夢をいだき、今こそ人類史的課題に立ち上がる時だと奮い立つ。そのとき同時に、自由と博愛の西洋文明と、平等と平和の日本文明が合体して形成される新思潮と新世界文明が勃興する時代に思いをはせる。他方で現実主義者の一面がある私は、仮に核戦争のない恒久平和の時代が訪れるとしても、それは第三次世界大戦(核戦争)で人類が億単位の人的犠牲を払った後のことではないかという、非常に恐ろしい考えが頭に浮かぶ。

ここで一言述べておきたい。ヒト以外の高等動物には、同類間で争って種が絶滅するのを避けるための生活の知恵(種としての生存本能)が存在する。子孫を残すための共棲や自己犠牲を最優先する動物の生き方から人類が学ぶ点が多々あるのではないか。