人材育成型移民政策が最善の外国人受け入れ方法

坂中提案

外国人の受け入れの歴史を見ると、欧米諸国においては、最初は奴隷として、その後は労働力として、外国人を入れてきた。今日の世界では、移民として、人間として、外国人を入れている。移民政策が、人類が到達した最善の外国人受け入れ方法とされている。

外国人労働者はその性質上、産業界が労働力として必要なときに入れて必要がなくなれば追い返すものである。彼らは社会の一員でも将来の国民でもない。単なる労働力にすぎない。

移民は日本に永住し、国籍を取得する可能性のある外国人である。移民は社会の一員として、納税義務をはたし、社会保障制度に加入する。また、国民固有の権利とされる選挙権・被選挙権・国家公務員就任権以外の権利を有する。

国民の減少が続く日本の外国人政策は、国民の増加につながる移民政策以外の選択肢はあり得ない。将来の国民として、生活者として、働き手として、移民とその家族の入国を認めるのが、正しい外国人の受け入れのあり方である。

今後50年で1000万人の移民を受け入れるとしよう。その場合、世界の高度人材が日本に来るという幻想は捨てなければならない。この25年の入管政策の実績を見れば、それが失敗に終わったことは明らかだ。

仮に高度人材が来るとしてもその数は微々たるものである。人口崩壊に起因する国家危機を救う制度としては論外である。

わたしは、国内の教育機関を活用して外国人教育を十分に行い、専門知識や技術を有する外国人になってもらう、教育重視の人材育成型移民政策を提唱している。

すなわち、日本の大学や高等職業専門学校などで日本語、日本文化、先端技術をしっかり教え、就職支援も積極的に行って、時間をかけて外国人を有能な人材に育てるのである。これを国家的事業と位置づけ、すべての教育機関の教職員を動員して外国人教育にあたり、粒ぞろいの人材を社会に送り出すというものだ。

« »