人口崩壊の危機の日本を救った偉大な宰相

坂中提案

2月13日の衆議院予算委員会において安倍晋三首相は民主党の古川元久委員の「移民の受け入れ」に関する質問に対し、「国民的な議論を踏まえて多角的に検討する」旨の答弁を行った。従来の移民政策に消極的な政府の姿勢を百八十度転換した画期的な決意表明である。これをロイター通信が世界に発信した。

安倍首相の歴史的な国会答弁の背景に、安倍政権の最大の使命であるアベノミクスを成功に導くためには「移民政策」が欠かせないとの判断があったものと推察する。生産労働人口と消費者人口が激減する状況下において移民政策抜きでは日本経済の成長戦略が立てられないからだ。生産人口と消費人口の増加に直結する「移民」の助けを借りるしかないという認識が政府部内に定着したのだろう。

世界の機関投資家はアベノミクスの成長戦略との関連で、「移民鎖国を続ける日本は売り。移民開国に転換する日本は買い」とずばり日本経済の急所を衝いている。海外の投資家は今回の安倍発言を歓迎し、日本買いに向かうだろう。

ロイターが安倍総理の「移民政策に関する前向き発言」を世界に報道したから、日本の移民開国を待ち望んでいる世界の人びとが抱く安倍首相のイメ―ジは一変するだろう。移民を歓迎する「世界に大きく開かれた日本」を創る指導者という新しい安倍晋三像が確立されるであろう。

安倍晋三首相は「人口崩壊の危機の日本を救った偉大な宰相」として日本の歴史に刻まれるにちがいない。

« »