人口問題を正視しない民族は滅びる

坂中提案

今日の日本は、少子化が猛烈に進行するとともに、本格的な人口減少社会に入った。

一国の人口は「出生者」と「死亡者」と「移民」の数で決まるが、出生者の劇的な増加は当分望めない。政府の出生率の長期見通しも、2010年から2060年まで1・35あたりの低水準の出生率が続くと推定している。

成熟した文明国の日本では、仮に出生率が高まり、人口が増加に転ずる日が訪れるとしても、それは遠い先のことであると真摯に受け止めなければならない。そのうえで国民は祖国を救うため何ができるかを真剣に考えるべきだ。人口問題を正視しない民族は滅びる。

移民鎖国を続けると、日本は速度を速めて人口崩壊に突き進む。言うまでもなく、人口崩壊は国家・社会・経済・財政の崩壊である。国民生活に及ぶ影響は想像を絶するものになる。

少子化の勢いが止まらない日本が全面崩壊を免れる唯一の道は、国民が気持ちよく移民を迎え入れ、国が人口ピラミッドを立て直すのに足りる数の移民を計画的に入れることだ。

人口問題が深刻の度を増す日本は移民の受け入れを躊躇している余裕などない。にっちもさっちもいかない難局を打開するため、一日も早く移民政策についての国民合意を得て、政府が移民開国を決断する時だ。

« »