中国からの大量不法移民は水際で阻止することが肝要

坂中提案

間近に迫る大量移民時代の日本は、移民受け入れ計画に基づき正面から入る移民を歓迎する一方で、テロリストや犯罪者など裏門から潜り込もうとする外国人を徹底的に取り締まる必要がある。特に、世界各地で頻発するテロから国民の命を守るため、テロリストの入国を断固阻止しなければならない。その場合、入管をはじめ政府関係機関はテロリストは一人も入れない万全の入国管理体制をとるとともに、テロの問題と移民の問題は別個の問題であると正しく認識し、不退転の決意で移民政策を推進してもらいたい。

次に、1980年代後半から1990年代前半にかけて不法入国を企てる中国人から「鬼の坂中」と恐れられた入管OBが強調しておきたいことがある。巨大人口を背景に余剰人口を押し出してくる中国の存在である。中国人の不法移民問題は日本が最も警戒を要する安全保障問題だ。古巣の入管が、不法移民の出入国管理は安全保障の不可欠な一部であると深く認識し、中国から押し寄せてくる不法移民に対し厳正に対処すべきである。

国境管理体制が脅かされる事態が生じた際には、島国という出入国管理上の利点を最大限生かすため直ちに入管法を適用し、入管、海保、海上自衛隊の総力を結集し、中国からの大量不法移民を水際で阻止することが肝要だ。一人の不法移民の上陸も許してはならない。

出入国管理がテロ問題、中国人問題に十分機能しなければ、移民政策に対する国民の理解も協力も得られない。日本人の外国人像がテロや不法移民といった負の要素と結びつけば、移民の受け入れは頓挫する。移民との共生社会も実現しない。国民の移民イメージを悪化させないためにも、不法外国人の入国管理に政府一丸となって取り組んでほしい。

« »