1. TOP
  2. 政策提言
  3. 世界的使命が日本人に託された

世界的使命が日本人に託された

白人至上主義者と目されるトランプ米大統領の登場で「アメリカは人種のるつぼ」という移民国家の神話が崩れる一方で、日本人の立てた人類共同体思想のなりゆきを世界の知識人が注視している。

私は人口崩壊の危機が迫る日本を救いたい一心で、1000万人の移民を、50年の長期計画で秩序正しく入れる日本型移民国家の設計図を描いた。

ところが、2016年を境に、世界の移民大国が一斉に移民の入国規制に舵を切った。世界文明をリードしてきたアメリカ、フランス、イギリス、ドイツで異なる民族と宗教に対する寛容の精神が影を潜めた。

移民憎悪者や排他主義者たちが世界にのさばるのを食い止めるため、世界の知識人が「ミスターイミグレーション」の名で呼ぶ坂中英徳が世界に打って出る。人類共同体社会の理念をかかげ、西欧諸国に移民政策の根本的転換を迫る。

ただし、移民鎖国を続ける日本政府にトランプ米大統領の暴走に苦言を呈する資格はない。それどころか、移民問題で国際責任を果たしていない日本は無責任きわまると怒った同大統領が日本政府に移民開国を迫る可能性がある。政府にお願いがある。トランプ氏の先手を打って、「経済大国で移民受け入れ能力が十分ある日本は、今後50年間で1000万人の移民を温かく迎える用意がある」と、世界の人々に約束してもらいたい。

移民恐怖症とイスラム恐怖症が世界中に蔓延する恐れすらある今日、日本の移民政策は日本の人口危機を救うのみならず、世界の人道危機を救うものになった。日本が移民国家の名乗りを上げれば、日本は世界の移民・難民危機を救ったとして、国際連合を始め世界中の人々から感謝されるに違いない。

わたしは、世界的使命が日本のミスターイミグレーションに託されるのは天の配剤と受け止める。世界の人道危機を救うため人類共同体思想を世界の良心に訴え続ける。