世界一の幸運児

坂中提案

最近、親しい英国人ジャーナリストから、「革命的な移民国家構想を公言している坂中さんに官邸から圧力がかからないのですか」と聞かれた。私は「四面楚歌の状況に変わりはないが、永田町から坂中構想に対する批判、圧力は一切ない」と答えた。

事実、この10年間、日本政府は、危険な思想家の唱える移民革命思想を敬して遠ざけるというか、自由に泳がせるというか、あるいは坂中は主義・信条を絶対に曲げないという官僚時代の実績が強烈だったせいなのか、その真意のほどはともかく、坂中英徳を自由放任でほうっておいた。私はそれをいい事に自分の思いどおりの移民革命論を展開した。

私は新刊が出るたびに政府首脳に献本した。坂中移民革命論は年を追って純度と迫力と完成度が高まったが、官邸は温かいまなざしでその成長を見守っていたのではないかと最近ふと思った。夢を追いかけ、自由を謳歌し、好き放題に仕事ができる坂中英徳は世界一の幸運児といわなければならない。

私の使命は移民国家理論の完成で終わらない。移民国家の創建という大業が残っている。日本百年の計が実行に移されれば坂中構想は有終の美を遂げるが、何もかもうまくゆく人生は私の性に合わない。功成り名を遂ぐというような人生はまっぴらだ。難行苦行が続く挑戦者の人生が性に合う。

画竜点睛を欠く人生で満足である。入管の現役時代は有言実行をモットーに生きてきたが、世界の歴史に残る移民国家の創造は未完成交響曲で終わる運命にある。それは三世代の日本人の血がにじむような努力を必要とする世紀の大事業である。世界の頂点に立つ移民国家の実現は後世の人々の手にゆだねる。その理論的基礎と日本型移民国家の土台を築くところまでが私の仕事である。

日本型移民国家の全体像と設計図の詳細などを描いた膨大な著作物は不滅である。後世の人たちが坂中移民国家論を批判的に検討し、それをはるかに越える最高傑作を生み出すのを天上から見るのが楽しみである。

« »