1. TOP
  2. 政策提言
  3. 世界は移民に壁を築く。日本は移民に扉を開く

世界は移民に壁を築く。日本は移民に扉を開く

2016年という年は、ドナルド・トランプ米大統領の登場に端を発し、移民問題で世界の混迷が深まり、世界が激動の時代に入った年として世界史に刻まれるであろう。そのうえで、これから新しい世界秩序の形成に向けた動きが世界の知識人の間から出てくるだろう。

その場合、もう一つの文明の旗頭である日本が新世界秩序をつくる責任の一端を担う必要があると私は考えている。

これまで世界の移民政策をリードしてきたアメリカは「人種のるつぼ」の定評があったが、人種間の融合どころか、白人至上主義団体と黒人至上主義団体の対立・抗争が激しくなる一方だ。トランプ米大統領の人種差別的発言の数々がアメリカ社会の人種差別の根深さを浮き彫りにした。

西欧文明は結局のところ、白人至上主義者と、キリスト教という一神教を信仰する人たちがつくった偏見ありありの文明なのである。自分たちの信じる宗教が絶対で正しい。ほかの宗教はすべて邪教である。そういう独善的な考えが西洋人の精神の根底にある。これまでは経済力と軍事力で圧倒的な力の差があり、移民の受け入れにも比較的寛大であった。ところが、経済が行き詰まり、軍事面でも絶対的なパワーが失われ、白人ファーストの西洋人の本性が露見したのである。常道に外れた反移民政策をとるトランプ米大統領は西洋社会の差別体質を体現する人物である。

世界各地で人種対立と宗教対立が激しくなるなか、日本文明は人種・宗教を理由に迫害されている人々のために何ができるのだろうか。

そもそも日本人の民族性は、人種や宗教の違いはたいしたことではないと考えるものである。地球上に生きるすべての生命体に甲乙はないと考えるのが日本人である。私たちはやおよろずの神々を信仰し、自然との一体感をいだき、動植物にも仏心があると考える。  
日本人の人種観についていえば、たとえば白人と黒人の間に優劣はないと考えるのが大方の日本人である。

以下は、日本の若者たちと移民政策のテーマで議論を重ねた私の感想である。「日本の若者は、その人がどこの国から来たのか、どんな人種・宗教なのかは問題ではないと考えている。問題はその人が日本で何をしたいのか、何を行なったのかである」。そのように考えているのではないかと推察する。

心の広い若者がリーダーシップを発揮する移民国家・日本が、人類共同体哲学を基本理念とする日本型移民政策の旗を掲げて世界に打って出れば、日本の移民政策は西洋人至上主義が精神の根本にある欧米の移民政策への有力な対抗軸になると考えている。

「全人類はみな同じ人間である。宗教や文化、皮膚の色の違いに関係なく、世界の人々を平等に受け入れる。日本人の心のこもった思いやりの精神で移民を歓迎する」と、日本政府が世界の人々と約束してはどうか。日本列島に産声をあげる移民国家が、人類共同体の理念を前面に出して世界にアピールすれば、それは異なる宗教に対する偏見と白人至上主義の考えが根強く残る欧米の移民政策の退場を迫るものになろう。

あるいは、移民政策に関する思想の根本的違いが分岐点となって、西洋文明の時代から日本文明の時代へと世界文明の潮流に変化が生まれるかもしれない。