1. TOP
  2. 政策提言
  3. 世界は移民に壁を築く、日本は移民に扉を開く

世界は移民に壁を築く、日本は移民に扉を開く

10年ほど前、西洋の知識人から、「1000年以上も移民鎖国を続けてきた日本人が、今後50年間で1000万人もの移民を受け入れることができるのか」という指摘を受けた。その言葉は私の胸につきささった。以後、世界の模範となる移民国家の理論構築に全力を尽くした。

2016年を境に移民政策をめぐる世界の空気が一変した。世界の中の日本の移民国家ビジョンの立つ位置にも変化が起きた。今の私は、米国、フランスなどで人種差別・移民排斥・反イスラムの動きが強まるなか、日本独自の移民政策に基づく1000万人の移民受け入れを政府に迫っている。同時に、世界の知識人に向かって日本の移民国家ビジョンの持つ正当性と世界的意義を強調している。

英国、フランス、ドイツがさらなる移民を受け入れる余力を失いつつあるとともに、米国がメキシコとの国境線に壁を築く状況は、日本が移民政策で世界に貢献するまたとない機会である。1789年のフランス革命以後、世界に君臨してきた西洋文明の自由・平等・博愛の精神にかげりが見られる今こそ日本の出番である。

私たち日本人は、もてなしの心で移民を温かく迎え入れ、世界の移民政策をリードする気概を持って新世界文明の創造に貢献しよう。移民問題で西洋諸国の権威が地に落ちた状況を日本が移民国家として反転攻勢に転ずるチャンスととらえ、日本の存在感を世界の人びとにアピールしよう。