世界は日本の移民政策のどこに注目しているのか

坂中提案

日本型移民国家構想のように日本発の国家ビジョンが世界の注目を浴びるのは非常に珍しいことではないか。

近年、海外の日本学の専門家やジャーナリストの間で、世界の先頭を切って人口崩壊の時代に入った日本の移民政策への関心が高まっている。日本の移民政策の件で私を訪ねてくる彼らは、人口崩壊が目前に迫っているのに移民鎖国のイデオロギーをかたくなに守っている日本を「世界七不思議」の一つだという。そのような背景のもとで、彼らは日本の移民政策を評価し、世界に発信するのだろう。

世界の知識人は日本の移民政策のどの部分に最も関心があるのだろうか。

外国の知識人と議論を戦わせた感想を述べると、日本民族をはじめ世界の諸民族がうちとけて一つになる「民族の融和」を主張している箇所ではないかと思う。

世界の移民政策の専門家は、人類の多様性を強調し、「多文化共生」を目標に掲げるのが一般的なスタンスである。

それに対して私は、人類の同一性を強調し、一段と高い目標の「多民族共同体」の創造を掲げている。

人類は多様な人種と民族に分かれているが、人間の根の部分の文化と価値観は共通する面が大部分である。本来、人類は相互に共感し、相互に理解できる存在である。

そうであるからこそ、日本人が努力すれば、世界初の多民族共同体を実現することも決して夢物語ではないと私は考えている。

今の日本人には「エスノセントリズム」(民族的自己中心主義)はほとんど認められない。世界の主要民族の中で日本人は謙虚な民族の部類に入るのではないか。

多神教の日本人は、仏教、キリスト教など異国の神々を進んで受け入れてきた。世界にもまれな和の心と寛容の心も健在である。もてなしの心があり、すべての民族を等しく遇する日本人は、世界の諸民族が平和共存する社会を創れるだろう。

「人類は一つである。人種や民族の違いはあっても同じ人間である。文化や価値観の違いはあってもわずかである」という普遍的な人間観に基づき、私は世界各国で通用する移民国家理念の確立に努める。

日本で生まれた移民革命思想が世界に広まり、世界を導く星として煌めく時代を視野に入れている。

« »