1. TOP
  2. 政策提言
  3. 世界の評価が先行する日本の移民政策

世界の評価が先行する日本の移民政策

私の移民国家ビジョンを真っ先に評価し、世界に発信したのは外国人ジャーナリストたちだった。自信を持って正しい道を歩むよう背中を押してくれた。国内の知識人から総スカンを食う状況が続く中、ワシントン・ポスト、エコノミストなど世界を代表するメディアの評価がどれほど私の心の支えになったことか。

「移民政策のエキスパート」「移民革命の先導者」「ミスターイミグレーション」「移民一千万人の移民政策研究所長」の形容詞付きで坂中英徳の名が世界に広まった。

世界のジャーナリストから破格の扱いを受け、人口崩壊の脅威が迫る日本を移民政策で救う立場にあることを思い知らされた。また、世界の世論が日本の移民開国を待ち望んでいることを痛切に感じた。そのとき、移民革命の先達として移民国家への道を開く覚悟が定まった。

その嚆矢となった文章は今も一言一句まで覚えている。2006年3月のジャパンタイムズに載った「The doomsday doctor」(救世主)という見出しの評論である。まず、その「救世主」という恐れ多い表題に驚いた。それを見て、日本存亡の危機を救う責任の重さに身の縮む思いがした。その日から日本の救世主という重い十字架を背負って生きてきた。

この論文を書いたのは英国の『ザ・インディペンデント』東京特派員のディビット・マックニールさん。日本外国特派員協会の重鎮は健筆をふるって今も健在である。

「坂中は最近、少子高齢化による地域社会の崩壊の危機と、牢固とした低い出生率(2004年の出生率は1・28に低下)に警鐘を鳴らし、官僚の殻を破って『50年間で2000万人の移民受け入れ』を示唆した。
 坂中は『入管戦記』という著書で、慎重に言葉を選び、かつユートピア物語と断っているが、『日本は多民族社会になり、アジア全域から移民をひきつける国にならなければならない』と初めて提案した人だ」