世界のモデルとなる移民国家の創造を目ざして

坂中提案

国家公務員を辞した2005年に発表した『入管戦記』(講談社)の第10章(「小さな日本」と「大きな日本」)において、「日本が世界のモデル国となる」と題し、次のように述べた。

〈人口減少問題はヨーロッパの一部の国ですでに経験しているところであるが、日本ほど事態が急激に進み、問題の深刻な国は世界に例を見ない。この問題を考えるに当たっては、モデルとなるような国は存在しないといわなければならない。したがって、日本が世界の先頭を切って、人口減少時代の国のあるべき姿を検討し、その未来像を示さなければならない。日本国の決める人口減少社会への対応策が、未来の世界によい先例を開くものであってほしいと願うものである。〉

いま改めてこのくだりを読み返してみて、これは役人生活を終えて新しい人生を歩むにあたっての決意表明だと思った。私は問題提起を行った責任をとり、2005年8月、世界のモデルとなる移民国家の創造を目標に掲げて外国人政策研究所(現在の移民政策研究所)を設立した。そこに立てこもり、専門分野の入管政策を根本的に見直す作業を進めた。そして、2016年の秋の『私家版 日本型移民国家が世界を変える』の刊行をもって、世界の移民政策を牽引する移民国家理論の完成を見た。

ところが、それと軌を一にするように、米国、英国、ドイツで移民排斥の動きが目立つようになった。自由・平等・博愛の理念の生みの親であるフランスでも、反イスラムと反移民の国民感情の高まりが見られる。アメリカのトランプ大統領のような移民強硬派の政治家が主導権を握るのではないかと心配である。

移民の心が凍てついているまさに今、これまで移民受け入れで無責任な態度を押し通してきた日本が心機一転、移民に温かい手を差し伸べる時だ。日本政府が移民1000万人計画に基づき世界の平和と安定に貢献することを表明してはどうか。国際社会は満を持して登場する新進気鋭の移民大国を拍手喝采で迎えるであろう。

« »