一人で歴史を動かす気概と智恵が求められる

坂中提案

「これからの時勢はもはや決死剽悍の暴勇だけでは間に合わぬ。一人で天下を動かす気概と智恵が必要だ」(司馬遼太郎『竜馬がゆく』)。1864年に起きた蛤御門の変のあと、坂本龍馬が同志に語った言葉とされる。

鎖国か開国かで国論が沸騰した幕末から明治にかけては、天下国家のことを考える英雄豪傑が活躍した。古今東西の歴史書をひもとけば明らかなように、国家的危機の時代には偉大な指導者が現れるものである。

しかるにどうして国家制度の全面崩壊が迫る平成時代に限って、国民が移民鎖国か移民開国かで激論を戦わすことがないのか。なぜ移民立国に政治生命をかける政治家が現れないのか。1億3000万人の国民は空前絶後の国家的危機に打つ手がないとあきらめてしまったのだろうか。ここに「あきらめてはならない。打つ手は必ずある」と言い張る日本人がいる。

国家存亡の秋に沈黙を決め込む政治家・官僚・知識人が大半を占める当代にひとり私は、「人口崩壊には移民革命で」と国民に呼びかけている。四面楚歌の状況下で孤独の闘いを強いられている私には、「一人で歴史を動かす気概と智恵」が求められるのだろう。

だが、移民革命思想を立てる気概と智恵はあると思うが、肝心の天下を動かす器量も力もないことは自分が一番よく知っている。移民政策に精通していることが取り柄の元国家公務員が移民国家へ国民を導くことができるのだろうか。移民政策研究所所長の肩書と、日本の移民政策研究の第一人者という看板がどこまで世間に通用するのだろうか。

悩みは尽きないが、日本崩壊の危機が迫るこの期に及んでそんな私情に構ってはいられない。私は慎重居士ではない。行政官時代の私は、ミスター入管として、反骨の官僚として、出入国管理行政上の困難な課題に立ち向かった。勝負運が強いのだろう。負けいくさは一度も経験していない。

今が日本の浮沈がかかる時だと判断する移民革命家が、日本の国運を背負って移民国家の創建に挑む。孤立無援の状況が続くなか、移民政策研究所に背水の陣をしく素浪人が先陣を切り、一人で天下を動かす壮挙に打って出る。1億3000万人の日本人の中から暴勇に共鳴する国士が立ち上がる可能性に一縷の望みをかける。

 

« »