ロイター通信の記事(2017年1月27日)

メディア 坂中提案

2017年1月27日の『ロイター通信』は、私の次のような見解を発信した。

移民政策研究所の坂中英徳所長は「外国人労働者といっているが、アルバイトをしている留学生や、本来、技能を学ぶために来ている研修生である技能実習生の数字が含まれているのはおかしい。日本が移民に扉を閉ざしていることから目をそらすため、数字を大きく見せようとしているのかもしれないが、労働力不足に対処し、正面から移民の受け入れを進めることがなにより重要」と話している。

ロイター通信の記事(2017年1月27日)

« »