ミスター入管が立てた移民政策は説得力がある

坂中提案

1975年に書いた「今後の出入国管理行政のあり方について」という論文が「坂中論文」と呼称されたことに始まり、私は数々の通称あるいは異名をつけられた。

たとえば、2005年に出た「入管戦記」という本の帯で「反骨の官僚」「ミスター入管」と呼ばれた。

2012年10月21日のジャパンタイムズの「移民が日本を救う」という表題の記事では「革命家」「移民革命の先導者」と紹介された。

物議を醸すような外国人政策論を数多く発表し、その実現に努めた実績から、そのような坂中像が形成されたのだろう。

これは私の財産である。日本を移民国家に導くうえでプラスに働くと考えている。移民1千万人構想は、「反骨の官僚」と呼ばれた元行政官の政策提言ということで重く受け止められた面があるようだ。尊敬する野田一夫先生から「ミスター入管が立てた移民政策は説得力がある。信用できる」との評価をいただいた。

一方、移民革命で日本のビッグ・バンを起こそうとしている坂中英徳への罵倒が絶えない。インターネットの世界では「売国奴」「反日」と指弾されている。

これについては、千年以上続く移民鎖国体制をくつがえそうとしているのだから、大きなリアクションがあるのは当然と受け止める。移民革命運動の先導者として移民革命思想に殉ずる覚悟はできている。

1975年の坂中論文以来ありとあらゆる罵詈雑言を浴びてきた。その結果、非難・罵倒には免疫になっている。どんな個人攻撃を受けてもひるまない。移民政策一筋の道を歩んできたから、移民政策の議論では誰にも負けない。

国粋主義者・移民鎖国派の人たちを説得する自信はないが、正々堂々と討論したい。決して逃げない。

« »