1. TOP
  2. 政策提言
  3. ボランティア活動家が出過ぎたことをしていいのか

ボランティア活動家が出過ぎたことをしていいのか

法務省を退職後の14年間、国の形を大きく変える移民国家プロジェクトに一民間人が主導的役割をはたしていいものか、政治の奮起を待つべきではないのかという考えが頭をもたげ、政治との関係のあり方で苦悩した。やむにやまれぬ決断であったが、国の命運がかかる移民問題をタブー視する政治家の無責任な態度に憤りを感じ、思い切って政治の本丸に乗り出した。将来、各方面から民間人が出過ぎたことをしたという批判が殺到することを覚悟の上での暴挙であった。

その皮切りが、2008年6月に自民党外国人材交流推進議員連盟がとりまとめた「人材開国!日本型移民国家への道」の原案の作成である。政治家が本来やるべき仕事に深入りしたが、もとより私は権力志向の政治的人間ではない。移民政策を立てることが趣味のボランティア活動家である。オールジャパンの立場から移民政策の立案に渾身の力を込めた。

これがいわゆる「過ちの功名」というべきものなのだろう。それが思わぬ結果につながった。移民政策が政治家の権力闘争のテーマにのぼることはなかった。度量の大きい政治家が坂中英徳にすべて任せてくれたので日本型移民国家ビジョンの全体像を思い通りに書き上げることができた。意図せざる結果として、移民国家の創造という世紀の大事業は、政治主導ではなく、民間の移民政策研究所の所長が素案を書いた『日本型移民政策の提言』(前記外国人材交流推進議員連盟が取りまとめたもの)に基づき進められることになった。

国民が心を一つにして空前の国家危機を乗り切るという大局的見地に立って考えると、結果はすべてオーライと言えるのかもしれない。ただし、政治の出番がなかったことを問題視する立場から、民間人が出すぎたまねをしてくれたと批判する政治家が現れないとも限らない。自分たちの無責任さを棚に上げての理不尽な批判であるが、ともあれそのような批判もあることに留意し、一介のボランティア活動家の立場からマイノリティ問題に主として理論面で貢献したいと思う。

移民国家への道が最終局面を迎えた2019年10月。移民政策研究所の所長は、政治との関係について、政治家の顔が立つように気を配るとともに、黒子に徹する必要があると胸に刻む。元東京入国管理局長という昔の名前は捨てる。民間の移民政策研究所所長の立場に徹し、もっぱら啓発活動で国難に挑む。むろん、今後も移民政策論文を書き続け、移民政策のオピニオンリーダーの任を全うする決意に変わりない。

移民政策を巡る議論が本格化すると、私の果たすべき役割はいっそう重要になると覚悟する。わけても移民政策に賛成する国会議員が多数を占める政治状況を早く作り出す必要がある。

坂中英徳移民政策研究所長から国会議員各位にお願いがある。移民国家の建国という日本の歴史に残る偉業は、政治家のリーダーシップで有終の美を飾っていただきたい。2020年の東京五輪の時に移民国家・日本が本格的に始動するため、2019年度中の移民政策関連法案の成立に尽力願いたい。新しい元号の日本が新進の移民国家として世界に雄飛するのである。

後世の歴史家はこの快挙を「令和維新」ないし「令和革命」と命名するだろう。