ヘイトスピーチ団体の不倶戴天の敵

坂中提案

移民亡国論者たちは日本民族の消滅危機を正視しない。迫り来る人口秩序の崩壊に対処するための政策を考えることもない。もっぱら移民排斥を叫ぶ人たちだ。その代表格のヘイトスピーチグループはマイノリティーを攻撃する人種憎悪団体だ。

移民反対派の書いたものを読むと、人口危機が深まって経済、社会、文化が衰退する日本の将来を憂える人はいない。もちろん移民政策以外の人口問題の解決策を示す人もいない。
 移民が入ってくると日本文化の純粋性が損なわれると口をそろえて言うが、肝心の日本文化の担い手(日本民族)が消えてゆくことについては危機感を持っていないようだ。

最近の日本の世論は健全な方向に進んでいる。「結婚しろ」「子供を産め」「外国人お断り」と公言することが禁句になった。「移民は嫌い」「移民は帰れ」などのアジ演説をぶつことができなくなった。

しかし、移民革命による日本のビッグバンを提案している私への批判・罵倒が殺到する状況に変わりはない。インターネットの世界では、ヘイトスピーチを叫ぶ団体による「移民1000万人の坂中英徳は売国奴」という名指しの攻撃が激化している。

そのことについては、日本人が大事に守ってきた移民鎖国体制の打倒を主張しているのだから、過激な移民反対運動が起きても不思議ではないと考えている。移民反対派にとって移民革命の主役を務める坂中英徳は不倶戴天の敵なのだろう。そのうえ、特に在特会=ヘイトスピーチ集団は、在日朝鮮人の法的地位の安定をもたらした『坂中論文』(1975年)の著者を目の敵にしている。おそらくヘイトスピーチ団体は設立当初から坂中を最大の標的にすることを決めていたのだろう。

40年来の因縁の闘いである。こればかりは誰の助けも求めるわけにはいかない。これは運命だと自ら慰め、人種憎悪団体、国粋主義団体の攻撃を一身で受けとめる。人種差別や民族差別を主張する排外主義団体にくみしない国民の良識が救いである。

在日朝鮮人の処遇のあり方に言及した坂中論文(1975年)から、1000万人の移民受け入れを提唱す今日まで、日本の禁忌を破ることを公言してはばからなかったので、左翼からも右翼からも、過激派からも暴力団からも、ありとあらゆる罵詈雑言・脅迫・個人攻撃を受けた。命がいくらあっても足りないような目にあった。寿命が縮まるようなことばかりしてきたが、今も現役で活躍しているのは奇跡としか言いようがない。

何回も修羅場を経験し強い精神力が形成されたのだろう。移民政策の提言が四方八方から批判されるのは正論を吐いた人間に対し天が与えた試練と受け入れる。ひとり孤高を持する時代が続く中、坂中攻撃が激しくなればなるほど信条を固く守り、時節の到来を静かに待つ。

一人でタブーとの闘いに挑み、決してひるまなかった不屈の精神は健在である。風雲急を告げる時を迎え、移民政策一本槍の老闘士の志気は旺盛である。

« »