ヘイトスピーチ団体にとって坂中英徳は不倶戴天の敵

坂中提案

移民亡国論者たちは日本民族の消滅危機を正視しない。迫り来る人口秩序崩壊の危機を乗り越える政策を考えることもない。もっぱら移民排斥を叫ぶ人たちだ。その代表格のヘイトスピーチグループはマイノリティーを攻撃する人種憎悪団体だ。

移民反対派の人の書いたものを読むと、人口危機の深まりとともに経済、社会、文化が衰退してゆく将来を憂える人はいない。新しい国民を増やす効果のある移民政策に代わる、人口激減問題の根本的解決策を示す人もいない。
 
移民が入ってくると日本文化の純粋性が損なわれると口をそろえて言うが、肝心要の日本文化の担い手(日本民族)が消えてゆくことについては心配していないようだ。

ところで、移民国家の議論が始まったのを契機に、インターネットの世界ではヘイトスピーチの連中による「移民1千万人の坂中英徳は売国奴」という名指しの攻撃が一段と激しさを増している。

そのことについては、日本が頑強に守ってきた移民鎖国体制の打破を主張する私に非難・罵倒が集中するのはやむを得ないと考えている。移民亡国論者にとって移民興国論を唱える坂中英徳は不倶戴天の敵ということなのだろう。

かてて加えて、在特会=ヘイトスピーチ団体は、在日朝鮮人の法的地位の安定をもたらした『坂中論文』(1975年)の著者を目の敵にしてきた。私は彼らから、「在日朝鮮人政策と移民政策」を立案した張本人ということでヘイトスピーチの二重の標的にされている。

移民政策一本の道を歩んだ我が身の因果と受け入れ、移民反対派の攻撃を一身で受け止める。人種差別や民族差別を主張する排外主義団体にくみしない国民の良識が私の救いである。

« »