タブーとの闘いから開放される日は近い

坂中提案

入管人生を振り返ると、人のやらないことばかりやってきたように思う。在日韓国・朝鮮人問題にはじまり、北朝鮮帰国者問題、興行入国者問題などの難題と格闘してきた。まさに「入管戦記」の時代を駆け抜けた型破りの役人人生だった。

退職後も懲りずに移民国家の創建に挑戦している。これは1000年以上続く移民鎖国という日本最大のタブーとの闘いである。

どれもが難問中の難問であったから、問題の解決までに気の遠くなるような年月がかかった。北朝鮮にいる日本人妻および北朝鮮残留邦人の救出は、半世紀以上の時を経てようやく解決の糸口が見えてきた。移民国家の建設については、本年に入って移民鎖国の禁忌が破られ、いま歴史的な国民的議論が始まろうとしている。

さて、これから忙しくなる。やり残した二つの仕事に集中する。北朝鮮で助けを待っている高齢の日本人妻らの帰国問題と、日本の生き残りがかかる移民立国の問題に決着をつけたい。そしてタブーとの闘いの人生に終止符を打ちたい。

« »