オールジャパンで千年に一回の大改革をやろう

坂中提案

 人口崩壊の危機は移民国家へ転換する千載一遇の機会と考えている。オールジャパンで千年に一回の大改革をやろうではないか。大胆な移民政策で人口危機を乗り切り、日本の元気を取り戻そうではないか。

 歴史の必然や外圧で移民国家に変わるのではおもしろくない。人間の葛藤のドラマがない。歴史を動かすときは人間が主役を務めなければならない。国民の思いが日本の社会を変えるのである。日本人が描く理想像が新しい国を創造するのである。
 
 私が書いた移民国家像には私の魂が宿っているにちがいない。これほど高邁な理想を掲げる新国家論はないのかもしれない。35年の外国人行政の経験に裏打ちされた移民革命思想の産物である。理想論であるが、現実主義に基づく現実的政策論である。
 
 移民革命の究極の目的は日本民族の奇跡的復活である。日本語を話し、日本文化を守り、日本の国土を愛する民族の再興である。
 
 問題は、私の志や価値観が詰まった移民国家構想が普遍妥当性を持ち、国民の理解を得られるかである。私は、日本の未来を憂える日本人として、日本を元気な国にしたい一心で移民国家ビジョンを発表した。

 しかし、私の考えが国民の心にどこまで届いたのかについては自信がない。人口危機が深まる中、国民の間から移民賛成の声が全く上がらないのだ。ひとえに私の努力不足のせいである。移民革命の先導者たる私の責任は重い。

 移民の受け入れについて国民に納得してもらえるまで説得に努める。日本人の寛容の心と愛国心に訴える。

« »