イギリスBBC放送の取材

メディア 坂中提案

IMG_5452
2月3日、人通りの多い渋谷の繁華街をバックに、英国BBC放送の大井真理子リポーターのインタビューを受けた。テーマは「日本の移民政策をめぐる最近の状況」についてであった。私の話の要旨は以下のとおり。

〈日本は世界の先頭を切って、超少子化・超高齢化の人口崩壊の時代に突入した。2014年に入り、人口ピラミッドの崩壊はすなわち日本の崩壊につながるという衝撃の事実が知識人の間で認識されるようになり、1千年以上続いた移民鎖国のタブーが解かれ、移民政策大論争が始まった。〉

〈私は50年間で1000万人の移民を日本独自の人材育成型移民政策で受け入れることを提案している。これは現在の英国、ドイツ、フランスの総人口に占める移民人口とほぼ同じ割合(10%)である。日本の産業力、充実した高等教育制度、国民の教養レベルなどからすると十分達成可能な目標である。〉

〈日本人は八百万の神々を信仰し、宗教に寛容な民族であり、人種差別や民族差別もほとんど見られないから、日本の移民の受け入れは成功するであろうと考えている。〉

3月4日(水)、BBC放送のテレビとラジオでニュースとして報道される予定。同時に、BBCのインターネットで坂中の移民政策のエッセンスも紹介するとのこと。

BBCニュースは200以上の国と地域で放送されるので、坂中英徳の移民国家ビジョンは世界の耳目をひくことになる。

« »