われら日本人は地球人をめざす

坂中提案

「日本人は百年かけて雑種系民族に変わらなければならない」と、私はつとに主張している。移民二世のオバマ米大統領が2009年1月の就任直後、ホワイトハウスで飼っている犬の血統を記者から尋ねられて、「この犬は雑種。私も雑種」と述べたことを鮮明に記憶している。含蓄のある言葉に感動した。

1000年以上続いた移民鎖国の時代、日本人は島国の中でいわば血縁者同士の関係を結んで生きてきた。その結果、世界の諸民族と比較して、日本人は比較的純血度の高い民族になった。井の中の蛙の視野の狭い民族になったことも否めない。

だが、二十一世紀の世界は地球時代に入った。いわゆる地球人の視点から世界を鳥瞰しなければ事がうまく進まない時代を迎えた。日本人だけで政治・経済・社会・教育を運営する体制の限界が明らかになった。世界的な視野から客観的に物事を見ることが苦手な純種系民族の弱みが社会の各方面に出てきた。

グローバル時代を生き抜くため、われら日本人は地球人をめざす。その第一歩として、移民立国を国是とする国に生まれ変わる。世界の民族を網羅した1000万人の移民が将来の国民に加わると、多彩な顔を持つ国民が国家を構成する多民族国家に移行する。異邦人や毛色の違う人が自由奔放に活躍する多民族国家の誕生である。いろいろな民族の血が入った雑種民族の典型であるオバマ大統領のような逸材が輩出する社会である。

偉材の出現や言語・文化にかぎらず、産業力、外交力、創造力、発想力、国際競争力、都市の魅力その他あらゆる面で国民の民族構成の多様化はプラスに働くと考えている。

十人に一人が外国出身者の多民族国家になれば、それぞれの民族の持つエネルギーがぶつかり、それらがまじり合った新たな国民エネルギーが発生するだろう。新エネルギーを取り入れて体質が強化された日本人は世界の人々と堂々とわたりあうだろう。個性的な日本人、独創的な日本人、行動半径の広い日本人が続出するだろう。

パワフルな地球人に変身した国民が新しい世界の創造に向かって行進する百年後の日本に思いをはせている。

« »