やり残したことがいっぱいの人生

坂中提案

これまで数多くの論文、著書を発表したが、もともとはアマチュアの執筆者に過ぎない。自己流で移民政策論文を量産した。移民政策の立案の必要に迫られ、頭に浮かんだアイディアを明快に表現することを心がけ、原理原則にのっとった理論を打ち立てることにこだわった。禁忌とされる問題をテーマとする文章のなかには国家制度の根本的変革を迫る論文がある。

入管時代、本業に専念しながら、本来の職務の延長線上の仕事として移民政策を考えるのを常とした。その成果物として、『今後の出入国管理行政のあり方について』(1975年)を筆頭に、『在日韓国・朝鮮人政策論の展開』(1999年)、『日本の外国人政策の構想』(2001年)、『入管戦記』(2005年)などの論文集を発表した。

以上のように「あり方」「政策論」「構想」「戦記」と銘打った政策課題と取り組んだが、移民国家構想のような国の姿かたちを変える国家政策を立てること以上に文責の重いものはない。国の存亡に直結するから失敗は許されない。的を射た問題提起と核心をつく解決策を提示しなければ国民の理解が得られない。政策提言が正しかったかどうかは歴史が証明する。つまり新しい国のグランドデザインを描く設計者にはぬきんでた構想力と時代を見抜く眼力が要求される。さらに紙に書いた政策を必ず実行する強い意志も必要である。

衆目の一致するところ、坂中英徳が余人をもって代えがたい存在ということなのだろう。移民国家への一直線の道を歩んだ移民政策研究所長が移民国家を立国する重責を担う立場になっていた。移民国家への道を切り開いた先駆者として移民歓迎の方向に国民を導く責任の重さを痛感する。

特に最近は、1000年以上も日本人だけで国家・社会・経済を大過なく運営してきたという「日本神話」をくつがえすのは容易ではないと感じる。これは日本人の自信と誇りを傷つけるところがあり、やっかいな仕事になると思っている。

さらに言えば、私の使命は移民国家理論の完成で終わらない。世界最高レベルの移民国家を樹立する仕事が残っている。国家百年の偉業を余すところなく達成すれば坂中移民国家論は百点満点の成果をおさめることになるが、国事に奔走する身の私はそんな夢のようなことを考える暇はない。それに何もかもうまくゆく人生は私の性に合わない。

20代の時分からいい事ずくめの人生などこの世に存在するはずがないという人生観を抱いていた。天命を知る年齢になった今も、苦労と試練に耐えて一歩一歩前に進むのが自分の人生だと思っている。

やり残したことがいっぱいある人生に満足している。それは大きな夢を持って生きてきたことの何よりのあかしだ。公務員生活では有言実行をモットーに生きてきたが、たとえば人類の悲願と言うべき人類共同体世界の創造は未完成交響曲で終わる運命にある。

移民革命という命がいくらあっても足りないことに手を出した以上、論争をいどむ文章を発表して世論を味方につけるしかないと思い立った。そのうちに論争的な論文を書くことが習い性となった。今では論文の執筆が本職になった。一冊の本を書き終えると、これでいつ死んでもいいという満足感がこみあげてくる。だがほかに何もすることがないので、すぐに新しい本の執筆に取りかかる。その繰り返しである。書斎で往生を遂げる運命なのだろう。

移民政策論文を書き続けて移民国家の道を開拓し、遠大な計画の八合目までの仕事を成し遂げた。十二分の働きをしたと思うので43年の論文人生に思い残すことはない。

一生を論文になぞらえると、移民国家の真の姿を追い続け、起承転結のなった人生といえる。独学で移民政策学を修めた。日本型移民国家の全体像を描き終えた。移民国家の創始者冥利に尽きる人生といってもよいであろう。

世界の頂点に立つ移民国家の完成は、100年後の地球社会に生きる日本人の手にゆだねる。地球市民に成長した日本人が心を一つにし、私のやり残した案件を含めすべてを実現してくれるだろう。偉大な国に成った日本型移民国家が世界の舞台で主役を果たす時代を想像すると気分が爽快になる。

 

« »