なぜ永住外国人(移民)は日本文化のとりこになるのか

坂中提案

外国人行政を担当する国家公務員として、退職後は移民政策研究所の所長として、様々な国籍の外国人と接した経験から、日本という小宇宙には外国人を日本に引き寄せ、外国人を日本化させる不思議な力があると感じている。一体どのようにして日本は外国人をひきつける魔力を身につけたのだろうか。なぜ永住外国人(移民)は日本文化のとりこになるのだろうか。

日本の歴史をさかのぼると、日本人は1万5000年ものあいだ平穏な生活が続いた縄文時代(狩猟・採集時代)に形成された「自然との融和の精神」をはぐくんできた。縄文時代から今日まで、八百よろずの神々が鎮座する日本人の心に多様な価値観や存在を受け入れる「寛容」の遺伝子が脈々と受け継がれてきた。長い歴史を経て永住外国人が日本社会に自発的にとけこむ同化力の強い社会がつくられたのではないかと、私は考えている。

知り合いの在日外国人は、信義を守る日本人、もてなしの心がある日本人、穏やかな人柄の日本人に敬愛の念を持っている。四季があって変化に富む自然、美しい田園風景、まとまりのある社会、安寧秩序が保たれた社会を気に入っている。漫画も日本料理も大好きだという。

移民の二世以降の世代が日本の小中学校で勉強し、人種や宗教による差別のない社会で成長していけば、生まれ育った日本に愛着を覚え、日本人と心がとけあうだろうと見ている。また、世界のどの民族も成功していない多民族共同体の成立も視界に入ってくるであろう。

近年、日本の精神風土の産物というべき坂中移民国家ビジョンについて、多様な国籍の永住外国人と意見交換している。彼らは口をそろえていう。「心が広い日本人は移民を上手に受け入れる」「日本人と移民が協力すれば人類共同体社会を創れる」。そのうえで、坂中移民国家構想に対する支持を語る。在日外国人社会で移民国家ジャパン待望論が盛り上がっている。

« »