なぜ平成維新に立ち上がる志士が現れないのか

坂中提案

日本の人口問題は日本人の数の激減にとどまらない。それよりもっと深刻な質の問題がある。政治を筆頭に、行政、経済、学術、教育、ジャ―ナリズムなどの分野で人材が枯渇しつつあることだ。ここにその何よりの証左がある。

まさに現在、人口崩壊に起因する国家存亡の危機に対処するため、時代は日本を救う革命家を必要としている。しかし、百年先を見通し、世界的なスケ―ルで考える人物がいないのだ。

150年前の幕末から明治にかけての激動の時代には、そのような革命家や大人物が綺羅星のごとくいた。当代も国家の浮沈がかかる空前絶後の危機の時代である。なのにどうして巨星が現れないのか。平成維新に立ち上がる志士が現れないのか。

ただでさえ均質性の高い民族であるのに、それに輪をかけた画一化教育で育った日本人は、祖国を救出する百年の計が立てられない情けない民族になリ下がったのだろうか。

いま日本は、世界の歴史にも日本の歴史にも例を見ない「人口崩壊」という未曾有の危機にある。私は、人口秩序を正す「移民革命」を断行する以外に、人口崩壊すなわち日本の崩壊に直結する一大危機を免れる道はないと主張している。併せて、日本人の生き方を根本的に改める「社会革命」を行う必要があると訴えている。

人口体系が壊れる民族的危機に臨み、平成時代の日本人が国運をかけて行う大改革である。国境の門を世界の有為の人材に開放し、人口ピラミッドを立て直し、国の形を移民国家に改めるものだ。移民革命は劇薬である。しかし、それは衰弱に向かう日本社会を健康体に戻す万能薬なのだ。

« »