1. TOP
  2. 政策提言
  3. なぜ「移民」なのか

なぜ「移民」なのか

 なぜ「外国人労働者」ではなく「移民」なのかと聞かれることが多い。私の考えはいつも同じだ。「人口が激減してゆく日本が受け入れる外国人は移民」というもの。

 国民の数が激減する日本においては、国民の増加に直結する移民政策以外の選択肢はない。移民は、国民と同じ生活者、勤労者、納税者である。移民は社会の一員として、地域経済、社会保障制度、地域社会の安寧秩序を支えてくれる存在である。

 入国時の移民の多くは若い留学生を予定している。移民どうしの結婚はもとより日本人との結婚も多数にのぼると思われる。日本人と移民の国際結婚が増えれば二世が生まれ、出生率の向上が期待できる。

 外国人労働者の受け入れには反対である。外国人労働者の本質は労働力である。日本人と共生する存在でも将来の国民でもない。およそ人口崩壊の危機に直面する国の求める人材ではない。

 国民の数が加速度的に減ってゆく日本が最も必要とする外国人は、日本に永住する外国人すなわち「移民」である。「永住者」という在日外国人としての最高の地位を得た移民は子々孫々日本に住む決意で仕事に励む。地域社会の一員として日本人との良好な関係を結ぶことにつとめる。日本語を熱心に勉強し、日本社会に速やかに溶け込む。そのうち移民の大半が、日本社会も日本文化も好きになり、国籍も取得して日本国民になる。

 欧米諸国の外国人の受け入れの歴史を見ると、最初は奴隷労働者として、その後は外国人労働者として入れてきた。現在は、移民政策が正しい外国人受け入れ方法とされている。

 移民の地位で外国人を迎えることによって初めて、移民の子供の教育、国民との共生、社会統合、家族の結合、社会保障制度の適用が視野に入ってくる。