なぜ「移民」なのか

坂中提案

多くの人からなぜ「移民」なのですかと聞かれる。私の答えはいつも同じである。「人口が減少してゆく日本が受け入れるべき外国人は移民」というもの。

国民が激減してゆく日本では、国民の増加に結びつく移民の受け入れ以外の選択肢は考えられない。移民は国民と同じ生活者、勤労者、納税者である。移民は社会の一員として、地域経済、社会保障制度、地域社会の安寧秩序を支えてくれる。

入国時の移民の大半は若い独身者を予定しているから、移民どうしの結婚はもとより日本人との結婚も多数にのぼるだろう。日本人と移民の結婚が増えれば二世が生まれ、少子化の進行に一定の歯止めがかかることが期待できる。

外国人労働者の本質は生産労働力であり、日本人と共生する存在でも将来の国民でもないから、およそ人口が減少する国の求める人ではない。

国民の数が加速度的に減ってゆく日本が必要とする人間は永住外国人すなわち「移民」である。「永住者」という外国人の地位としては最高の資格を得た移民は子々孫々まで日本に住む決意で仕事に励む。日本人との良好な関係を結ぶことに努め、日本社会に速やかに溶け込む。そのうち大半の移民は日本が気に入り、日本国民になる。

欧米諸国の外国人の受け入れの歴史を見ると、最初は奴隷として、その後は外国人労働者として入れてきた。今日の世界では、移民としての受け入れが正しい外国人政策とされている。

移民の地位で外国人を迎えることによって初めて、外国人教育、国民との共生、社会統合、家族の結合ならびに社会保障制度の外国人への適用が視野に入ってくるからだ。

« »