1. TOP
  2. 政策提言
  3. すべての民族は移民の末裔

すべての民族は移民の末裔

移民反対派の人々の中には、日本が移民政策をとれば日本民族と日本文化の純粋性が損なわれると主張する人たちがいる。だが、そのような考えは根本的にまちがっている。日本民族も日本文化も純粋培養されたものではない。外国から入った人や物がまじりあって形成された混合物である。

日本文化が多くの外国人に愛されるのは、世界の文化を取り入れて磨き上げたハイブリッド文化であるからだ。文化交流を重ねて一段と優雅で高尚なものになった日本文化は、世界の誰もが賛美する普遍的文化である。

異なる民族の血がまったく混じっていない純血民族は、地球のどこをさがしてもいない。人類史はヒトの移住の歴史であった。ヒトは食を求めて生息地を広げ、その土地の気候風土に適応するとともに、異なる民族間で結婚と混血を繰り返し、多様な民族に枝分かれした。

今日、世界各国の国民に分かれて生活する各民族は、すべて移民の末裔である。平安時代から今日まで異なる民族の大量流入をほとんど経験しなかった国に住む日本人は比較的純血度の高い民族といえる。しかしそれでも、縄文時代から平成時代までの間、縄文人や弥生人など世界各地から移住してきた民族の血が多量にはいりこんだ雑種民族であることに変わりない。

話は飛躍し、千年後の人類社会を展望する。その時代は地球上から地理的・国家的・文化的障壁が完全になくなっており、異なる民族間の結婚と混血が地球規模で飛躍的に増加し、人類は一つの民族に収斂される方向に進んでいる。それは単一の種から多様な民族へと枝分かれを重ねた人類のいわば先祖返りの動きであり、究極の雑種民族としての地球人への進化の過程と位置づけられる。おそらくその時代よりもはるか以前に、世界の先頭を切って、「ハイブリッドジャパン」と「人類共同体社会」が日本列島に実現しているであろう。