1. TOP
  2. 政策提言
  3. 『Japan as an Immigration Nation』(移民国家日本)の世界的意義

『Japan as an Immigration Nation』(移民国家日本)の世界的意義

 米国の出版社から英文図書が出版された。「Japan as an Immigration Nation:Demographic Change, Economic Necessity, and the Human Community Concept」(LEXINGTON BOOKS、2020年2月)である。

 日本型移民政策の全体像、人類共同体思想のエッセンス、日本革命と世界革命の必然性ならびに日本の移民国家ビジョンの持つ創造性および普遍性について論じた。また、世界の移民政策の歴史的転換を世界の人々に迫った。人類共同体社会の理念に基づき世界の人道危機を救うことを究極の目標にすえた雄編である。

 この英語論文集は人類共同体哲学の世界展開を象徴するものである。新型コロナウイルス問題の深刻化に伴う国境封鎖、人種差別意識の顕在化など世界秩序が崩壊寸前の危機的な状況にあるタイミングでの出版という時宜を得て、世界の人々に光明を照らす書籍としてブックレビューを果たした。日本生まれの人類共同体思想の持つ創造性を世界の知性が評価したという歴史的意義もある。「日本の移民政策」から「世界の移民政策」への飛躍という意味合いもある。