1. TOP
  2. 未分類
  3. 『Japan as an Immigration Nation』の人類史的意義

『Japan as an Immigration Nation』の人類史的意義

 米国の出版社から英語版論文集が出版された。「Japan as an Immigration Nation:Demographic Change, Economic Necessity, and the Human Community Concept」(LEXINGTON BOOKS、2020年2月)である。

 日本の移民政策の全体像、人類共同体思想のエッセンス、日本革命と世界革命の必然性ならびに日本の移民国家ビジョンの持つ創造性および普遍性について論じた。また、世界の移民政策の歴史的転換を主要移民国家に迫った。人類共同体社会の理念に基づき世界の人道危機を救うことを究極の目標にすえた雄編である。

 この英文図書は人類共同体哲学の世界展開を試みたものである。新型コロナウイルス問題の深刻化に伴う国境封鎖、人種差別意識の顕在化など世界秩序が崩壊寸前の危機的状況に見舞われた真っただ中、世界の人々に夢と希望を与える書籍としてブックレビューをはたした。「日本の移民政策」から「世界の移民政策」への飛躍を象徴する著作である。

 この英文著作の中心概念である人類共同体の理念は国の内外の知識人から衝撃をもって迎えられるだろう。早速、1975年の坂中論文以来の知友である谷口智彦慶応義塾大学教授から「Three cheers」「A beautiful accomplishment」「快挙達成」という絶賛の言葉をいただいた。

 この英語版著作は世界各国の移民政策に深刻な影響が及ぶだろう。世界の評価があって初めて日本人の業績を評価する日本政府に移民開国を迫る決定打になるだろう。22世紀初頭には人類共同体哲学を体現した移民国家日本が世界の移民国家の最高峰としてそびえているかもしれない。

 2005年から2022年まで移民政策の立案一筋の道を進んだ。1975年の坂中論文『今後の出入国管理行政のあり方について』から2020年の英語論文集『Japan as an Immigration Nation』までの旺盛な執筆活動――すなわち前人未到の移民政策理論を打ち立てたこと、百年後の世界を展望する著作物を積み上げたこと、人類史に輝く英文著作を書いたことに思いを致し、人知の及ばぬ水準の理論に発展したと感無量である。