『TheEconimist』の取材

メディア 坂中提案

8月9日、TheEconomistのSarah Birke東京支局長の取材を受けた。取材に対し、英国、米国、フランスなど伝統的移民国家の移民排斥の動きに危機感を感じること、世界を反移民一色にしてはならないこと、今こそ日本が日本型移民政策の理念を掲げ、50年間で1000万人の移民を受け入れることを世界の人々に宣言するときであることなど持論を展開した。最新号に掲載される予定。

« »