『日本人が消えていく日本に明日はない』

坂中提案

人口は国家と社会と経済を構成する基本的要素。人間がいてこその国家と社会と経済。

政府の長期人口推計によると、その肝心要の日本人口が50年間で4000万人減少するという。これだけ大規模に日本人が消えて行けば国力と民力が衰える。人がいなくなり消滅する社会が続出する。経済は縮み多くの産業が失われる。

『日本が全面崩壊を免れる唯一の道 “国民が移民を温かく迎えること”』

『1,000万人の移民が日本経済を成長軌道に乗せる』

50年間で1,000万人の移民を計画的に入れる「移民政策」が、経済を成長させる最も有効な経済政策である。

将来の国民として、1,000万人の移民が加わる移民国家へ転換すれば、衣食住、教育、雇用などの分野で大規模な市場と需要が創出される。

人口減少期の日本経済の再生には、生産人口と消費人口の増加をもたらし、経済成長を促す移民政策が不可欠。

201393zuhyo1

« »